スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死ぬの?

祖父が危篤のようです

2日に入院先の病院にいくことになりました

祖父は俺が小さいときに脳卒中で倒れて以来

体が不自由なままで、言葉も話せません

だから、俺の記憶の中の祖父は和室に腰掛けて、

久々に訪れた俺たちを、言葉にならない声で

にこやかに迎えてくれる老人、ただそれだけ。

その姿はどこか痛々しくて、実の祖父に俺はどう声を掛けたらいいのかも分かりませんでした。

向かい側に座って黙って同じようにテレビを見つめるだけ

そこにコミニュケーションは存在せず、ただ俺はボーッとしてるだけ

そして時間がきたら、和室に佇む祖父に適当に手を振って、精一杯のつくり笑いで誤魔化してその場から逃げる

おじいちゃんは笑ってたけど、どうゆう気持ちだったんだろう

悲しかったんじゃないかな

俺何も話さないから

でももう話せなくなった

まだ俺の声は聞こえるんだろうか

何もしてあげられない孫だ俺は
最悪の孫だ

でも多分俺は泣かない

俺は他人のために泣けない

俺の涙は汚れてる

結局、自分の不甲斐なさに涙を流すだけだ

なんて独りよがりで気持ち悪い人間だろう

それで祖父の死に目に泣いてる俺って格好いい

みたいな事考えてるんだろう

気持ち悪い

最低だ

死ねよ

俺が死ぬべきだ

こんな人間ばっかりだから世界は病んでるんだ

なんでこんな人間が俺だったんだ

家族すら大切にできない

親父だって病気だ

いつ死んだっておかしくない

なのに俺は親父を避けてる

長い間「お父さん」って呼んでない気がする

親の財布に寄生して、何もせずに、何も考えずに

腐った生活を続けている俺を

誰も許してはくれないだろう

ごめんなさい

ごめんなさい

ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
スポンサーサイト

友人曰く

馬鹿に馬鹿って言って何が悪い

ニートにニートって言って何が悪い

馬鹿にされる奴が悪い

全部お前が悪い

そう全部俺が悪い

夢民

夢ばっか見てんじゃねえよカスども

おい今村!

その日も俺はチャイムギリギリに教室に飛び込んだ。
昨日席替えしたことを忘れて席を間違えそうになったが、フラフラとした足取りでなんとか自分の席についた。
向かって右から3列目の一番前の席だ。教卓のまん前。最悪だ、と昨日の放課後と同じくため息を漏らす。
しかも隣の席は、チャラチャラしたグループの中心的な存在である、竹内みほだ。
これはもうため息が止まらない。ただでさえ憂鬱な学校生活が余計辛くなってしまった…。
しかし両親は無駄に厳格で、40度の熱でも出ない限り休ませてはもらえない。
だからどんなに居心地が悪くても、俺は毎日通わざるをえないのだ。

突然周りがざわつき始めたかと思うと、廊下でプロレスをしていた山本と島田が慌てて教室に戻ってきた。
どうやら先生が来たようだ。

『はぁ…眠い…』

昨晩テレビゲームで夜更かしをしてしまい、俺は机の上にだらしなく突っ伏していた。

ガラガラガラ ピシャッ 「起立!」

欠伸をしながらダラダラと立ち上がり、眼を擦りながら顔を上げる。

『ん!!? なんだ?!』

さっきまでボーッと微熱を帯びていた頭が、真冬の寒空で氷り水をぶっ掛けられたかのように一瞬で冴え渡った。今なら苦手な方程式の文章題も楽々解けそうな気がするぞ。
いや、それはいいとして、いまいち状況がよく飲み込めないが、明らかにおかしいぞ。
これは皆を笑わせようとしているのだろうか…。ギャグなのか!?

「どうしたの?着席よ?」

呆気に取られた俺は着席の号令にも気づかず、その場に立ち尽くしてしまっていた。
慌てて椅子に座る。

「どうしたの?様子が変じゃない」

「いえ…別に」

様子が変なのはアンタだ!と鋭い突っ込みを入れてやりたかったが、そんなキャラでもないし、これ以上浮きたくもないのでグッと堪える。
それにしても一体なんだと言うんだこれは。だいたい何故誰も反応しないんだ?
どう見ても突っ込みどころありまくりだろ!

怪訝そうな表情で一限の国語の教科書をカバンから取り出した。
しかしどうしても合点がいかない。俺は勇気を出して後ろの田中に話しかけることにした。
いや、ようとしたが結局断念した。やっぱ無理だ。うん絶対無理。いやしかし…

『ねぇ、今日の今村先生かなり変じゃね?』

余裕じゃんこんなの!マジヨユー♪

横目で田中の様子を伺う。

「…」

いかん!気づかれた!

咄嗟に机の横にかけたカバンをいじってごまかす。
なんて意気地がないんだ俺は…。


「こらっ!ちゃんとノート取ってる?授業に集中しないとダメよ!」

「あ、す、すみません…」

『あんたのせいだよ!いったいなんなんだよソレ!』俺は心の中で叫んだ。

イングラムM10を両手に戦場を駆ける女兵士(巨乳)

soldier

深夜の阿呆力

なんか超越してえ

狂いたい

じゃないと作家になんてなれないだろ

なんて普通で下らない人間なんだ俺は

普通ってのが一番ダメだ

三度の飯よりも好き!的な何かがない

そもそも三度も飯食ってない

絵を描くにしたって物語を書くにしたって拘りってのは必要だろう

じゃないと薄っぺらになると思う

だから狂いたい

身悶えするような熱情が欲しい

このままじゃ俺は腐っていくだけだ

俺はどうしたらいい?

どうしたらいいんだよ


知るかボケッ

煩雑なる情報

俺は知らないことが多すぎる

でも知れる事も余りに多い

俺は何を知らなくちゃいけないんだろう

何を知れば幸せになれるんだろう

パソコンの電源を入れて

情報の海に潜る

すると俺は眩暈がしそうになる 

その余りの深さに

何もかもが無意味な記号の羅列のような気がして

全部が煩わしくなって

俺は電源を切る

でも寂しくなって、また

スイッチを押す

瞬きも忘れて

ディスプレイで視界を一杯にする

でも何も見えてこない

こんなのは違う

絶対違う

でもそれすら自信がない

ここに他人なんていない

存在するのは俺だけだ

腐臭を放つ男が生きているのか死んでいるのか

それすらも不確かで

ケタケタと自嘲している

全て煩わしい

本当は何もしたくないんだろ?

夢なんて実は張りぼてだろ?

見栄張るのなんてやめちまえ

所詮お前はそんな程度だ


…でも、認めたくないよ

この中にあるはずさ

血を通わせてくれるモノが

俺には才能があるんだよ!

絶対だ!



きっとそうさ…





たぶん



なんか

全部嘘くさい

全部くだらない

自分から出てくるものが好きになれない

ミーハーな自分が嫌い

もっとストイックに生きたい

全部意味不明

みえない

俺は何をしてるときが一番気持ちいいんだろう

何を叫びたいんだろう

何を伝えたいんだろう

どっかに置いてきちゃったのかもしれないな

誰かが見つけてくれるわけもない

そんな誰かは存在しない

自分で来た道を戻ってみるのも悪くないだろ

でも、怖い… 

そんなモノは最初からなかったのかもしれない

WAWAWA忘れ物♪

来年の目標!

『ギター弾けるようになる』

冬のミルクをマスターしたい

まずはパワーコードから練習っと

ああ

今日はマニアックヘブンvol.1なのに…

東京まで行けるわけはないけど

行きてえなぁおい…

スカッと一発

俺の人生はオナニーだ

あひゃひゃひゃひゃひゃ

やっぱバックホーン最高

いえーい

マニアックヘブンのDVD届いたぜ!

飯食いにいくから帰ってきてからのお楽しみ♪

痔ングルベール痔ングルベール♪

鈴がアナル~♪

は?クリスマスだ?

死にさらせ!!

見た

そこの俺は

自分の人生を全否定していた

なんでだ?

何があったんだ?

よく思い出せない

うふふ

またカラオケでオールしてきた

しかし!今度はこの前のようなヘマはしねえよ!
ちゃんと鍵を持って出たぜww
まぁ家の有り難みが分かって良い経験だったけど。

今回はダム派の友人が折れてくれてやっと念願のハイパージョイ(バックホーンの曲が多い)で歌えたんですが、なんかショボイ方だったようでダムよりは遙かに曲数が多いんですが、ネットで確認した情報よりだいぶ少なかった。赤眼の路上がなかったり、あとたぶんアカイヤミもなかったな。まぁピンクソーダ、晩秋、8月の秘密、ジョーカーとか歌えたから良かったんだけどね。しかし踊る赤ちゃん人間がなかったのはショックだった。ダムには入ってたんだけどな…。

で、つい先日バックホーンの新曲が出たわけですが…。
はいまだ聞いておりません。というか売ってなかった!!
死ねよ!どれだけ俺をコケにすれば気が済むんだ!!
好打汲みとかいらねえんだよボォケ!!!

で、公式HPで試聴したわけですが、だいぶポップになっちゃったね。
『声』のサビのメロディーはわりと好きだけど、特別グッとこなかった。
まぁフルで聞いてみないとなんとも言えないけど。カップリングも特に良いとは思えませんでした。やっぱり変わってしまったんだろうか。
まぁ俺なんて全然にわかファンですが、最近の彼らの曲には初期のような中毒性が感じられないですね。俺にとってインディ1stアルバムの『何処へ行く』は完全に脳内麻薬!!これを纏えば俺は無敵になれる!
って偉そうに語れるほど音楽聞いてませんけどね、すいませんごめんなさい。
ただなんてゆうか悪い意味で上手くなったという感じがする。飽くまで俺的にね。


うっせばーかチンコマンコハゲっ!!!

あーうるさいうるさいっ

不安などただの妄想だ!俺は負けんぞ!

ふっはっはっは

ついさっきタウンワークのHPからバイト応募したぜ!

俺は変わるぜ! 俺は世紀末の覇者になるぜ!!

もう一個

VIPで生セッションやっててめちゃ感動した!
やっぱ格好良いわ…
ボーカルギターが女の子だったんだけど、声も良かったし何より上手い!
事変の曲やらアニソンやらオリジナル曲演奏してました。
途中からしか聞けなかったのが残念だったけど。
22日にアルバムが更新されるようで、楽しみ。
と言ってもファイルは先にアップされていて、上記の日に解凍パスが発行されるという仕組み。
すげーな、すげーよ。嫉妬するよ。格好良すぎ。
俺もバンドやれば変わるかも?

その前に来年の予定とバイトだよ…

終わった

NHKにようこそ!最終回

ええアニメです

なんかなぁ…

こうゆうのはちょっと違う気がするけど

まぁスッキリ終わったのかな

まぁ間ほとんど見てなくて最終回だけ見たんだけどね^^;

漫画はまだ二転三転しそうな勢いだけど

原作も読んでみるかな

後、ネット(特に2ちゃん)見てると何かとよく目にするハルヒ

Youtubeで全部見ました 意外に面白かった

なんでエヴァが引き合いに出されるのかよく分かったw

こっちも原作読んでみようかな

ってゆうか金ねえ~

バイトな~ 友人Sがバイトバイトうるさいんですよ

言ってる事はだいたい的を射てるだけに辛いんだけど

バンドやるから3日以内にバイト始めろって…

それもできない奴はいらないんだそうです

まぁこんな生活続けるわけにはいかないんだけどさ

でも突然急かされても余計に憂鬱になってしまうのがダメ人間

期限は今日いれて後二日

さてどうしような…

持論。無意味。

何事にも本気になれない人間というのはいると思う。
これは仕方のないことだ。生まれもった業だ。カルマだ。
成功した人間は、もともとそうなるべくして成功している。
努力できる人間は努力できるだけのポテンシャルを生まれながらに持ち合わせていたのである。
これは仕方のないことなのだ。個体差のない世界は成り立たないのだから。
そうゆう力のない人間は徹底的に諦めて生きることになる。
仕方ない、仕方ないと言って自分を納得させる。
いや、納得などできないが、そうせざるを得ない。
別に悲しいことでは無いのだ。そうゆう人間が大多数なのだ。

夢をみることが許されるのは、最低限社会生活を営んでいる人間だけだ。
自分のような何もしないで何も考えず、毎日をのうのうとただ無意味に見送っている人間は、夢をみることは許されない。夢を追うにはそれだけの資格が必要なのだ。人並みにすら届かない人間には無縁なものなのだ。そうゆう人間はせめて他人に迷惑を掛けないように、害にならないように生きなければならない。
親に荷物を背負わしてばかりである自分は、社会の害なのである。
この期に及んで進学などと戯けをぬかしていては駄目なのである。
自分がどうゆう人間かは18年生きてくれば少しは分かるものだ。
俺はぬるま湯の心地よさを知ってしまったのだ。もう後戻りはできない。
これ以上人に迷惑をかけてはいけない。死ぬなど言語道断だ。
自己破産など成り立たないのだから。一生をかけて償わなければいけない。
自分を肯定し、空しさを押し殺して、天命を全うしなければならない。
それが使命なのだ。

夢を追うことだけが正しい生き方ではない。夢を追うことが素晴らしいわけではないのだ。
無限の可能性があるなどと、「可能性」などと一番信用のならない言葉に耳を傾ける必要はない。
一度踏み外したレールにはそう簡単には戻れないのだ。少なくとも自分には「不可能」なのである。
………………………………………………………………………………………
………………………………………………………………………………。

尚、この持論に内包される精神は全てフィクションであり、実在の人物のそれとは無関係です。

 

狩られるもの

fox

はいはい

キモイキモイ♪

銀世界

空気が乾いている

息が白煙となって宙を舞う

寒くなんかないよ

こんなに友達がいっぱいいるんだもの

みんな楽しそうにお話してる

ここでは僕は一人じゃない

僕は生きてるんだ

嬉しくなって 僕は進む

白骨の上を僕は進む

太陽が見えるか

奴が起きると俺は眠りにつく

こないでくれ

カーテンの隙間から奴が襲ってくる

俺は深く深く潜る くるな くるな…


だけど底から見た奴は綺麗だった

今はもう覚えてない

気が付くと明日は後ろにいた

虚無

俺は何も生み出せない…

お前はどう思う?

無視するなよ

笑ってくれよ


ただの冗談だよ

暖かい

先日、携帯のメールを確認すると8日から9日にかけてですか、友人Sとカラオケでオールをしました。なんですが、間抜けなことに家の鍵を持って出てこなかったんですね。母親にメールで郵便受けにでも鍵を入れておいてくれと頼んだんですが、物騒ですから当然断られたわけです。で、5時半ごろに帰ると言うと、丁度その時間に父が起きてくるということでした。自分としてはまずいなと思いましたよ。父にはできるだけ会いたくないですからね。合わせる顔がないと言うか、元からよく話すわけでもないですし。

で、カラオケが終わりまして、友人は当然家に帰ります。一度は別れた後で、親が起きてるようだからどこかで時間潰そうと戻ってきたんですが、どうやら勘違いだったようで帰っちゃいました。それで俺はというとキコキコと自転車で自宅の方に向かいますが、やはりどうも気が進まず、家の前を通りすぎて公園の方へ行きました。父が起きてる気配もないですし、辺りはシーンと静まりかえってますからね。インターホンを鳴らすのも気が引ける状況です。まぁ父と顔を合わせたくないというのが第一ですが。そんなことを考えつつ公園の周りを馬鹿みたいにグルグル回りました。家の前を何度も行ったり来たり。まだ人の気配はないんです。真冬ですから外がまた冷える冷える。一応上にダウンを着ていましたが、精神的なものもあってか異様に寒い。自転車をこぐのにも疲れて、公園の屋根付きのベンチに腰掛けて休憩。
あ、そうそう書き忘れてますけど、その日は雨だったんですよ。カラオケが終わったときには止んでたんですけど、そのせいで寒かったのかな。ああそれで、なんかこうゆうセンチメンタルな空気好きなもんで、見慣れた町内をゆっくり見回したりして、ジュクジュクのグランドを自転車で走ってみたり。変人に見えるだろうな~と思いながらwすでに犬の散歩やらしてる人がぽつぽついますからね^^;
で、ベンチに座ったまま思わず写メを撮ってしまいました。とても貴重な体験のような気がしたので。今考えればなんてないことなんですけどね。その時はそう感じたんだから仕方ないじゃん!シャッター音もやたら響きそうな気がしたので6時の時報が鳴るまで待ちました。
んでまたボーッとしてると向こうから人が来たので退却…。なんか恥ずかしいし。家の前まで行くと、電気がついてる!!やっと起きたようだ!!もう流石に辛かったのですぐに自転車を入れて玄関のドアを開きました。父はトイレに入ってる様子。やった!顔を合わせずに済む!そう思っちゃいましたね…なんという親不孝…。新聞をテーブルの上においてすぐさま自分の部屋に入りました。パジャマに着替えて布団の中に軽やかな滑り込み。コンタクトを外す余裕もなく寝てしまいました。……。

布団に入ったときに思いました。帰る場所があるってのはどんなに幸せなことか。そこをいつも暖かくしてくれている家族の、父の偉大さ。涙までは出ませんでしたが、もの凄く幸せな温度が体中に広がりました。そんなことを、徐々に熱を帯びていく毛布の中で思いました。生きる事は辛いことだって言う人がいるし、自分もそう思いますが、本当は生きてるってことはただただ楽しいものなのかもしれません。今はまだ分からないけど…。
いつか分かるかもしれませんね。

park

ほおあああああああああああああああああああああ

発狂しそうだぜちくしょおおおおおおおおおおおお

俺はどうすればいいんだ

どうしたいんだ

わからん

わからん

何も考え付かん!!!

ダメだダメだダメだダメだダメだダメだ

先生あのね

僕には好きなものがないです

何にも興味が持てません

全部面倒臭いです

趣味は何もしないでダラダラ過ごすことです

もう何も考えません

全部忘れます

自分をここに置いていきます

この事は忘れてください

誰の記憶にも残りたくないです

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。