スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺す

京都の精華大学マンガ学部の生徒が殺された事件。
苦学しながら直向きに漫画家を目指していたそうですよ。
思ってもみなかっただろうね。
刺される直前のコンマ一秒まで、彼の眼前には希望に溢れた未来が広がっていたはずなのに。
たった一人のカスみたいな人間のために、強制的にシャッターを降ろされてしまった。

「知らない男に刺された」

彼は死ぬ瞬間に何を思ったんだろうか。
なんで俺がこんな目に…
とか
あの野郎殺してやる
とか
お父さんお母さんごめんなさい
とか
もっと漫画を描きたい
とか
なんかそんなこと考えたんだろうか

死んだら終わりだ。無だけが広がる。

幽霊とか見た事ないし、信じてるわけじゃないけど、存在してほしいよね。
俺がもし彼のような目にあったら、絶対呪い殺したくなる。
精神が崩壊するまで苦痛を与え続けてボロボロにしてやりたい。
絶対そう思うな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kuucanmugen.blog46.fc2.com/tb.php/138-acbe7bfd

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。